Tag Archives: 小野時兼

白水池の悲恋物語“御澤神社と龍王寺”の伝説(後篇)

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

引き続き、白水池の悲恋物語“御澤神社と龍王寺”の伝説をお届け致します。

さて今回は蒲生郡の竜王町エリアを訪れております。

東近江市と近江八幡市、そして蒲生郡竜王町の境界にそびえ位置し、国指定史跡・雪野山古墳で古代ファンにも馴染み深い雪野山(別称・龍王山)。その南西の麓に雪野山 龍王寺(ゆきのさん りゅうおうじ)という天台宗の寺院があります。

雪野山 龍王寺

川守集落から北東へ約600m。日野川の野路橋を渡ったところにひっそりと佇んでいます。

龍王寺と言えば、旧暦8月15日(中秋)に行われる天台宗の秘法・喘息病封じ“へちま加持祈祷”が余りにも有名です。小生も幼少の頃小児喘息に罹患していて、両親に毎年この行事へ連れてこられました。

参道の両脇に多くの露店が並ぶ大きなイベントではありましたが、当時前述の野路橋は人の往来がやっとの幅の、欄干も手摺も無い簡易の渡り板で作られており、これを渡るのが恐怖以外の何物でもなかったという辛い想い出があります(苦笑)。

龍神池

奈良時代前期の和同3(710)年。元明天皇(第43代にして史上5人目の女性天皇/661~721)の勅令で行基により雪野寺(通称:野寺)として開山され、昨年創建1300年を迎えたとても歴史のある寺院です。

境内には苔むした趣のある庭園の中心に、龍神池と称する池があります。この池は御澤神社の白水池と水脈が繋がっていると伝えられており、互いに白濁した水を湛えていることがその証であるとされています。

さて、恋慕の情に堪えられぬ小野時兼のその後や如何に・・・

龍王寺 鐘楼

三和姫のことを片時も忘れられない時兼は、雪野山の坂(通称:女坂)を越え平木の御沢池に出向きます。しかしそこで出逢ったのは、白い大蛇に化身した三和姫でした。余りの怖ろしさに時兼は、九十九夜目に玉手箱を開けてしまいます。

すると中から龍の姿が刻まれた釣鐘が出現しました。後に時兼はこの釣鐘を寄進し、それが現在も龍王寺に安置されている梵鐘 野寺の鐘であると伝えられています。それ以降、御沢池で大蛇を見掛けなくなったとも言われています。

梵鐘 野寺の鐘

さてこの『白水池の悲恋物語』には、こんな異説が伝わっています。

登場人物は同じなのですが、舞台は平安時代後期。三和姫は実は平重盛(平清盛の長男)の忘れ形見で、藤原頼長(旧儀復興・綱紀粛正に取り組んだ公卿で保元の乱にて敗死)の奸計に陥れられ、無実の罪で福原の都を逃走し流浪の旅に。その後この地で時兼に出逢ったとされています。

ところが時兼は御沢の蘆摩津池(あしまつち)という守護男神の大蛇に魅せられていたので、三和姫も蘆摩千地(あしまちち)という守護女神の大蛇に憑りつかれ、二人とも池の底に引き摺り込まれてしまいます。

何とか世のため人のために尽くしたいと思った三和姫は八大龍王に祈願したところ、天上して龍王に会合します。すると龍王から「お前は大蛇となってしまったのは気の毒なことだが、蘆摩津池はこの沢に永く棲んでいる。以前百済の使節がもたらした龍の甕という鐘には、蘆摩津池の生血が鋳込まれている。お前に御沢の池を与えよう」と言われます。その由縁で三和姫の化粧が水を白くさせているのだと伝えられているとか。

そしてその鐘の下に女性が入ると、立ちどころに吸い込まれてしまうのだそうです。

どちらが信憑性の高いお話なのかは定かではありませんが、このエリア一帯を巻き込んだトゥルー・ラブ・ストーリーであることは間違いないようです。

因みに・・・竜王町綾戸に鎮座御座します、近郷三十三村に渡り氏子を有する国宝・苗村(なむら)神社。その宮司さんの姓は何と小野さん。つまり前述の小野時兼の末裔であると伝えられています。

#龍王寺 #へちま加持祈祷 #龍神池 #野寺の鐘 #八大龍王 #蘆摩津池 #蘆摩千地 #小野時兼 #三和姫 #苗村神社

雪野山 龍王寺

・滋賀県蒲生郡竜王町川守41
【TEL】 0748-57-1380

苗村神社

・滋賀県蒲生郡竜王町綾戸467
【TEL】 0748-57-0160

【おしまい】

後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


白水池の悲恋物語“御澤神社と龍王寺”の伝説(前篇)

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

昨年秋頃に終息の糸口が見えつつあった新型コロナウイルス感染症ですが、重症化率の高いデルタ株から感染力の極めて強いオミクロン株にスイッチし、再び市井は混沌の様相を深めています。現時点に於いて幸いにも陽性の憂き目に遭ってはおりませんが、周辺環境の影響で小生も少なからず日常生活に支障を来しつつあります。

さてはて、世界も去ることなら、日本の未来もどうなることやら・・・。

さて今回は東近江市の旧八日市市エリアを訪れております。

東近江市と近江八幡市の境界にそびえ、織田信長の重臣・柴田勝家の『瓶割り柴田』の逸話でも知られる長光寺山。その南東の麓に御澤神社(おさわじんじゃ)が鎮座御座します。

御澤神社 参道

幹線道路や集落からは些か離れているので訪れにくいのですが、田園地帯に突如として立派で広大な境内が目に飛び込んできます。

主祭神は天照大神(アマテラスオオミカミ)が素戔嗚尊(スサノオノミコト)の剣を噛んで吹き出した霧から生まれた三女神の三女・市杵嶋媛命(イチキシマヒメノミコト)。 神仏習合に於いては弁財天、即ち七福神の1柱である弁天さんと呼ぶ方が馴染みがあるかも知れません。

地元では“お沢さん”と呼ばれて親しまれ、平日でも参拝者が絶えることはありません。

今から約1,450年前の飛鳥時代。推古天皇(第33代にして日本史上最初の女性天皇/554~628)の御代のこと。農事政策を奨励していた厩戸王(伝・聖徳太子)が蘇我馬子に命じてこの辺り一帯の荒蕪地を開墾しました。その際、併せて日用の水源として清水池・白水池・泥水池の3つの溜池を造成し、そこに神社を祀ったのが創祀であると伝わります。

御澤神社 本殿

清水池は澄み切り、白水池は白水を湛え、泥水池は渇水を満して湧出しており、この水は不増不減にして如何なる旱魃の時でも枯れることなく、近郷近在の田園地帯を潤して今日に至ります(なお現在泥水池は白水池と集合してしまい原形を留めていません)。

それ故、水不足の折には遠近各地から雨乞祈願に訪れる人々が多いとか。

因みにここの本殿は一際目立つ朱塗りの建物。こちらでは神職さんによる御祈祷・・・というよりも“お伺いを立てる”ことが出来る・・・と聞いております。奉拝当日も本殿の奥では一際神妙な空気感がございました。

また占術業界の方々からも一目置かれる『龍神様が御座すパワースポット』のようです。

御澤の神鏡水

3つの池を擁し、市杵嶋媛命・龍神と『水に纏わる神様』をお祀りするだけあって、実は名水のスポットでもあります。

本殿の前には御澤の神鏡水と呼ばれる湧水があり、ひっきりなしに多くの人々が御神水を求め訪れます。近在の人々はもとより、京阪神や遠くは九州からもいらっしゃると言うから驚きです。然し・・・皆さんペットボトル(質)だけではなく、ポリタンク(量)なんですね~。

この湧水は白水池と水源を同じくするとされているのですが、神鏡水は白濁せず透き通っているのが不思議なところ。

御神水は特に女性にご利益があると言われており、病気平癒、縁結び、安産、諸願成就が期待出来るとか。道理で男の小生には特に・・・(笑)。

白水池

さて御澤神社の境内にある白水池には、哀しい恋の物語が伝わっています。

奈良時代後期の宝亀8(777)年、光仁天皇(第49代天皇にして平安京遷都を行った桓武天皇の父)の御代のこと。

川守村(現・蒲生郡竜王町川守)に小野時兼(おのときかね)という大和国吉野郡出身の美男がおりました。時兼の優れた風貌は、その名声が他国にまで及んでいたと言います。因みに武蔵國多摩郡(現・東京都八王子市)に同姓同名の鎌倉時代前期の武将がおりましたが、別人ですので悪しからず。

ある日のこと。村にある雪野寺(現在の龍王寺の前身)を通り掛かった絶世の美女、三和(みわ)に出逢います。時兼と三和姫は親しく語らううちに、夫婦の契りを結んでしまいます。

出逢いから3年が過ぎた頃、三和姫は突然別れ話を持ち出しました。「私は本当は人間ではありません。前世では人として生まれ、妹背の語らい(いもせの語らい/夫婦関係のこと)をなしましたが、その時の宿因により再び人の姿で現れました。でも今日で貴男と別れせねばなりません」と。

時兼は嘆き悲しみますが、三和姫は別れ際に玉手箱を渡し、「実は私は平木の御沢の主です。これを形見としてください。但し百日百夜、決してこの箱を開けないでください。御沢に来たら私の本当の姿をお見せします」と言い残して去っていきました。

恋慕の情に堪えられぬ時兼のその後や如何に・・・続きは後篇にて。

#御澤神社 #お沢さん #御澤の神鏡水 #市杵嶋媛命 #龍神 #厩戸王 #白水池 #小野時兼 #三和姫

御澤神社

・滋賀県東近江市上平木町1319-1
【TEL】 0748-23-4640

【後篇へ続く】

後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!