近江鬼滅夜話“安吉橋”の伝説

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

前回に引き続き“近江鬼滅夜話”をお届け致します。今回は近江八幡市の旧近江八幡市エリアを訪れております。

旧近江八幡市の中心部から南部へ延び、蒲生郡竜王町とを結ぶ県道14号近江八幡竜王線が通じています。1993(平成5)年に当時の建設省から主要地方道に指定され、湖南市や甲賀市への短絡ルートとして毎日多くの車輛が行き交っています。

今回訪れましたのはその県道14号の近江八幡市倉橋部(くらはしべ)町と竜王町弓削(ゆげ)との境界に位置する日野川。

安吉橋親柱

ここに安吉橋(あぎばし)という橋が架かっています。

古くは安義橋と称したのですが、何時の頃からか現在の表記となったようです。

安吉橋(昭和40年代)

かつてはこのような、如何にも伝説に彩られた趣のある橋でした。

平安時代には「安義橋」の存在が文献に認められることから、ここは随分昔から生活路として機能していたことが伺えます。

その安吉橋にはこのような伝説が語り継がれています。

時は平安時代。多くの人の往来があったこの道である奇妙な噂が立ちました。「安義橋で鬼が出没し、そこを通ると生きて帰れない」と。この話により、めっきり人通りが減ってしまいました。

或る時、近江国守に仕える若者たちが館でこの噂を話題にしていました。すると安義橋近くに住まい、いつもふざけた強がりを言う男が「よし!館で一番の馬があれば儂が渡ってやる!」と豪語。周囲は囃し立てます。言い出した男はもう後に引けなくなりました。しぶしぶ男は近江国守の馬を借りて、その尻に油を塗り、橋を目指しました。

夕闇迫る頃、男は橋のたもとに差し掛かります。当然人影は見えません。男は恐る恐る橋を渡り始めると、橋の中ほどで一人の女が立っているのを見掛けます。

「これは鬼の化身に違いない」と感じた男は、咄嗟に女の横を通り過ぎました。すると女は何かを口にしながら男の後をついてきます。

男が振り返ると、そこには身の丈は九尺で青緑の巨体。手の指は三本、長く伸びた爪は五寸。そして一つ目で真っ赤な顔の鬼が、凄まじい形相で立っていました。

鬼は何度も男の乗る馬を捕まえようとしますが、尻に油が塗ってあったために捕まえることが出来ません。鬼は「これで逃れられたと思うな」と捨て台詞を吐いてふっと消えました。

すぐさま男は館に逃げ戻り、国守に事の顛末を話しました。国守は男にその馬を褒美として与えました。しかしその後、男の家では奇妙な出来事が起こり続けます。

気味が悪い男は祈祷師に占ってもらいました。すると祈祷師は「鬼の祟りが乗り移っているので物忌み(定められた期間にある種の日常的な行為を控えて穢れを避けること)をするように」と告げられました。

物忌みを行っていた日の夕方、奥州(おうしゅう/現在の青森県・岩手県・宮城県・福島県の地域)にいた弟が、従者を伴って突然男のもとを訪れました。当初は物忌みを理由に面会を拒みました。しかし母の死を知らせにに来たというので対面することにしました。

しばらくして、男の部屋から激しい喧嘩の物音が聞こえてきます。これに驚いた男の妻が駆けつけると、兄弟で上になり下になりの取っ組み合いを行っています。やがて弟が上になるや否や、男の首を食いちぎってしまいました。

そして満足げな笑みを浮かべ、ふっと消えてしまいました。その表情はまさしく男が安義橋で遭遇した鬼の顔そのものであったそうです。また弟とその従者も、その場で骸骨と化したといいます。

この話を聞いた周囲の人々は「つまらぬ強がりで生命を落とすとは愚かなことだ」と笑ったといいます。それ以来、安義橋に鬼が出没するという話が更に広まったのです。

安吉橋地蔵

その後、様々な加持祈祷でもって鬼が封じ込められ、それ以降出没しなくなったたそうです。このお話は『今昔物語集』巻二十七に、「近江国安義橋鬼人噉喰語(近江国ノ安義橋ノ鬼、人ヲ喰ラフ話)」として所載されています。

今となっては人々の記憶から消えつつあるこのお話も、橋のたもとに御座しますかなり年季の入ったお地蔵様が全ての成り行きを静かに見守っている・・・そのように感じます。

安吉橋(現在)

今も昔も交通の要衝であった安吉橋。増大する交通量に老朽化が進行し、2006(平成18)年3月に架け替えられ、益々伝説の地としての様相は薄まってしまいました。

最後に逸話を一つ。このお話をベースとして、1984(昭和59)年に『アギ/鬼神の怒り』という映画が製作されました。当時空前のムーヴメントを席巻したスプラッター・ホラー・ブームに乗った作品ですが、余りにも内容がマイナー過ぎて人々の記憶に残ることは殆どありませんでした。

また2001(平成13)年には夢枕獏の伝奇ホラー物語集『ものいふ髑髏』にもこのエピソードが所載されましたが、これも特段ムーヴメントを生むには至りませんでした。世が世なら“聖地巡礼”で盛り上がった!・・・かも知れません。

今回のお話。“鬼滅”とタイトルが付いていますが、“鬼を滅した”ではなく、“鬼に滅せられた”エヒソードでした。この男には“館で一番の馬”てはなく、全集中の呼吸と“日輪刀”が必要でしたね(笑)。

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。