Daily Archives: 2020年12月31日

令和貳年 感恩戴徳

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

令和の世となり2年目の1年が、まもなく終わりを迎えようとしています。

往く年来る年

本年最後の日は2年振りの大雪となりました。小生の棲まう街もすっかり雪に覆われてしまいました。除雪をしないと生活道路まで辿り着けぬ程です。不要不急の外出は避けた方が賢明でしょう。

さて皆さんにとって今年はどのような1年でしたでしょうか。今年は何と申しましても、日本いや世界はおろか、社会や個人に於いても『新型コロナウイルス感染症』パンデミックに翻弄された1年だったのではないでしょうか。

平和で穏やかな世を願って命名された『令和』は、平成にも増して更に激動の時代を歩んでいる印象を強く持ちます。

新型コロナウイルス感染症は、日本も去ることながら、世界の政治・経済・社会基盤、そしてコミュニティや一個人に対しても、これまでの“平和ボケ”“危機意識の稀薄”“倫理観と思いやりの欠如”に大きな警鐘を鳴らす、天が我々人類に課した大きな問題提起であったように思われます。

小生自身昨年度の大任からようやく解放され、少し落ち着いて暮らせるだろうと思っていた矢先の『新型コロナウイルス感染症』パンデミックでしたので、医療福祉業界に身を置くものとして、心身共に休まる時がありませんでした。そしてその状態は今現在に至っても解消されてはおりません。幸い未だ小生の周囲に感染症の脅威は及んでいませんが、「明日は我が身」との思いで戦々恐々としているのは事実です。

この影響で家族を含め外出は必要最小限に止め、勿論ブログの取材もリスク管理を徹底した一部を除き、事実上休止の状態です。

しかし相変わらず様々な障害や障壁が周囲に渦巻く中でも、貴重な出逢い、新たな価値観への開眼という代え難い財産も得ることが出来ました。人生楽あれば苦あり・・・でも捨てたもんじゃありません(笑)。

この『新型コロナウイルス感染症』パンデミック。最近イギリスを始めとして、欧州や南アフリカで変異種が確認され、ウイルスとして確実に進化を遂げています。よって飽くまでも私見ではありますが、少なくともあと3~4年は混迷を窮め、そして収束しないであろうと考えています。

これまでの様々な既成概念や価値観が瓦解します。真に必要とされないもの、飽和状態のものは全て淘汰されます。古いか新しいかではなく、ホンモノかニセモノか、新たなビジョンでもって新化や進化、深化たらしめるか否かが物事を見極めるバロメーターとなるでしょう。

そしてこれまでとは全く異なる新たな社会構造が構築されていくであろうと考えています。従前の概念に囚われず、それらの動向に敏感に反応し、敏捷に行動し、迅速に順応し、その中でも如何に己が個を発揮出来るかどうかが、今後の生き方のキーワードとなるのではないでしょうか。

加えて新型コロナウイルス感染症は、言わば黎明期のインフルエンザ同様、『新型流行性感冒』とも言い換えられます。時間は掛かろうとも、人類の英知でもって何れ制圧されます。しかし如何に効果的なワクチンや治療薬がもたらされようとも、感染予防や健康健全な生活を送るための鍵となるのは、やはり自身の免疫力(自己治癒能力)向上と秩序ある行動です。正しく怖れ、大量に垂れ流される情報に惑わされることなく、心身ともに真っ直ぐに歩むこと。即ち“自身を整える”ことが肝要です。小生も常にそうありたいと、改めて考える次第です。

この激動の一年、大変お世話になり誠に有難うございました。来年も何卒ご指導ご鞭撻、そしてご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!