甦れ!“アミンチュ”ボンネットバス顚末記~邂逅篇

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

彦根ご城下巡回バス

さて皆さん、この昭和レトロの魅力を凝縮したボンネットバスを覚えていらっしゃいますでしょうか?

2017(平成29)年10月29日の運行をもって彦根ご城下巡回バスを引退したいすゞ自動車BXD30型。このバスは1966(昭和41)年に江若(こうじゃく)交通の路線バスとして導入されて以降、半世紀以上唯一無二で滋賀を離れることなく活躍した、滋賀生まれ・滋賀育ち、生粋の“アミンチュボンネットバスなのです。

このボンネットバスの誕生から2017年までの詳細な生い立ちは、以下のリンクの記事をご覧ください。

>>>さらば!愛しのボンネットバス

さて引退後はその去就が注目されていました。ですが幸いにも滋賀農業公園ブルーメの丘で引き取られることとなり、最寄駅である近江鉄道・日野駅との無料シャトルバスとして再就職が決定。2018(平成30)年3月17日より、土・日曜日/祝日限定で1日3.5便の運行を開始しました。

ファミリー層に人気のアミューズメントスポットということもあってたちまち人気者となり、従前と比較して稼働率や運行距離も低減されたことから、ゆっくり余生を過ごしているものと思っていたのです。ところが・・・

今回は、その後“アミンチュボンネットバスが辿った数奇な運命のお話を5回シリーズでお届け致したく存じます。なお今回の記事執筆に際し、取材並びに資料提供に全面的にご協力戴きました二輪工房(守山市)代表・村田一洋様に、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

ブルーメの丘による運行開始から約1年3ヶ月後の2019(令和1)年6月29日。このBXD30にとって人(車?)生最大の危機が突如として訪れます・・・交通事故です。

事故車両現状

10月15日。これまでブルーメの丘と懇意にされてきた村田さんが、事故後のBXD30に初対面。見るも無残、満身創痍・・・他に言葉が見つかりません。この時何処からか『連れて帰って・・・』と声が聞こえたような気がしたそうです。

ブルーメの丘サイドとしては、復活運行のために様々な可能性を模索されたそうです。しかし修繕に要する費用と期間、その後の維持も含め総合的に判断した結果、手放さざるを得ないという結論に至ったとか。またこのバスには代々の所有者に課せられた約束事項として、『決して“滋賀から外に嫁がせてはならない”』という不文律の条件がありました。よって多方面から問合せが殺到したものの、既にBXD20というボンネットバスを所有・維持され、実績・信用・条件共に合致する村田さんにお声掛けされたそうです。

バス1台、個人で維持するだけでもかなりの負担です。それをもう1台、然も今回は再生作業という高い壁が重くのしかかります。でもこのBXD30には特別な思い入れもあります。大破したとはいえ、昨今のFRPや軽量鋼板を多用した車輛にあって、昔ながらのスチール製の頑丈な車体であったからこそ、この程度の損傷で済んだとも考えられます。村田さんは相当悩まれたそうです。

事故車両回送

10月19日。BXD30の譲受を決意された村田さんは、事故車輌を引取り回送。早速守山市の提携大型整備工場へ入場させました。日の下に晒されると、損傷箇所の痛々しさが際立ちます。

部品取車回送

11月4日。全国のバス愛好家の皆さんからの熱意溢れる協力・支援・情報提供により、四国(徳島県)で露天保管されていたいすゞTXD60トラックを部品取車として譲受。

日帰りで滋賀へ回送。BXD30のサスペンション(リーフスプリング/板バネ)のコンディションが予想外に悪く、急遽部品取車より足回り等を流用することとし、脱着・換装を提携大型整備工場で実施。その後、二輪工房へ自走により回送。後日部品取車も回送されました。

外装修正①

12月1日~12月22日。今回の再生作業の最大の肝である左側フロントフェンダーの仮組、修正等の作業を開始。部品取車より取り外した左側フロントフェンダー部を修正・仮組します。

この左側フロントフェンダー、ご覧の通り何時修繕されたものかは定かではありませんが、既に上部に一枚鉄板が貼られていました。それを剥離すると何と腐食だらけに大穴も開いており、まずはこの部分の修正に着手。車体との接続部の形状が全く合致せず、大苦戦を強いられます。

外装修正②

BXD30の修正不能となったフェンダーの一部分(黒色部)を切り取り、接合させてみることに。真横から見ると、それなりに見えます。大穴には鉄板を切り継いで修正。

外装修正➂

部品取車は特装車(散水車)という性質上左ハンドル仕様であったため、インナーフェンダー(フェンダーの内側を傷から守り、車内に泥が入り込まないようにするための内張り)の形状が通常と全く異なりました。

よって流用が効かないため、グニャグニャに曲がってしまっていた元のインナーを引っ張り出し修正しました。

外装修正④

その後、仮付けしたフェンダーとボンネットのチリ(隙間)を合わせるため、グラインダーで削ります。

この気の遠くなるような外装修正作業自体が、最後の最後で思わぬ大誤算を生む結果をもたらすとは、この時点で知る由もありません。

エンジン換装①

12月29日。大晦日迫るこの日、世間は令和初の正月を迎えんとするムードの中、村田さんは何とこのような重整備に着手。

この部品取車、露天保管で古いにも関わらず何と実走行7,000kmの超が付く程の掘り出し物。サスペンション同様コンディションの良くなかったエンジンも、BXD30に換装することを(年の瀬の押し迫ったこの時期に(笑))突如として決意&断行されることに。

ミッション(変速機)と合わせて約900kgの鉄塊と大格闘。取り外したところで2019年の作業は終了となりました。

ここで村田さんの名言。『大型車修理は体力と気力が勝負です!』

 【次回、“躍動篇”へ続く】

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。