湖國忠犬物語(中篇) “小白丸”の伝説

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

さて今回は、人間と古来深い繋がりを持つ犬、それも忠犬と呼ばれる選ばれし犬に纏わるお話の3回シリーズ第2幕をお届け致したく存じます。

舞台は長浜から大きく南下致しまして、湖東エリアは犬上郡多賀町を訪れております。

その昔、この地に小白丸というとても利口な犬を連れた猟師がおりました。

瀧之宮(大瀧神社)

或る時、猟のため山に分け入り、瀧之宮(現在の大瀧神社)の辺りに差し掛かりました。

そして川沿いの岩陰(一説には木陰)で昼食を摂ると、そのままウトウトと寝てしまいました。

しばらくすると突然小白丸が狂気の如く吠え出しました。

小白丸(イメージ)

猟師は驚いて目を覚まし、身を起こして周囲を見回しました。しかし日差しは暖かく川音はのどかで、何ら変わったところはありません。

再び横になろうとしますが、小白丸は途端にけたたましく吠え立てます。

余りのしつこさに憤慨した猟師は、思わず山刀を抜き、何と小白丸の首を刎ねてしまいます。

すると小白丸の首は血煙を曳きながら宙に跳び上がり、猟師の頭上にある木の茂みへ と消えていきました。

大蛇の淵(犬上川)

すぐさま茂みから凄まじい音とともに、1匹の大蛇が現れました。何と小白丸の首は大蛇の喉元にしっかりと喰らいついていました。大蛇は苦しみのた打ち回り、やがて眼下の淵へと落ちていきました。

小白丸は自らの生命を賭して、猟師の危機を救ったのです。

犬胴塚

深い後悔と自責の念に駆られながら、猟師は小白丸の胴体を瀧之社の傍に葬り、目印に松の木を植えました。 やがて目印の松は大木となり犬胴松と呼ばれていましたが、今は枯れてしまい、幹の根元だけが残っています。

因みにこの小白丸。実は前回の記事で紹介した忠犬・目検枷(めたてかい)の子なのだそうです。血は争えないと申しましょうか、忠犬の子は忠犬と申しましょうか・・・最期も同じく壮絶であったというのは、何とも悲しいお話ですね。

大瀧神社(瀧之宮)

 滋賀県犬上郡多賀町大字富之尾1585
【TEL】0749-49-0004

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。