秀吉と清正とのキズナアイ“虎石”の伝説

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

引き続き「滋賀の伝説」を辿る旅にお付き合いください。今回は長浜市の旧長浜市エリアを訪れております。

長浜城

タイトルに“キズナアイ”と表記致しましたが、今回のお話と某バーチャルアイドルとは一切関連はございません。またおもむろに長浜城の写真を掲載致しましたが、今回お城には訪問致しません・・・が、全く関連がないという訳でもございません。さてさて・・・

今回訪れましたのはJR長浜駅東口から北に約200m。

豊國神社
豊國神社

閑静な住宅やビル群の中に豊國神社(ほうこくじんじゃ)があります。

名称から察せられるように、ここは神号『豊国大明神』を下賜された豊臣秀吉を主祭神としています。その他にも秀吉の家臣である加藤清正、木村重成。さらに事代主神(ことしろぬしのかみ、恵比寿神の別称)もお祀りしています。

羽柴(豊臣)秀吉
羽柴(豊臣)秀吉

秀吉が初めて城持ち大名となった地・長浜で崇敬を集めているということは、治世を敷いていた頃より如何に秀吉が庶民に慕われ愛されていたかが窺い知れます。

その豊國神社の境内にある瓢箪池の畔の築山の上に、注連縄があしらわれた大きな花崗岩が1つ、ポツンと鎮座しています。

虎石
虎石

これが今回のお話の題材である虎石(とらいし)です。

時は戦国時代。天正1(1573)年、小谷城の浅井長政を攻め滅ぼした羽柴(豊臣)秀吉は、その功により浅井氏の旧領である北近江三郡(伊香・浅井・坂田)を信長から与えられます。そして当時『今濱(いまはま)』と呼ばれていた地を『長濱(ながはま)』と改め、ここに居城を築きます。

築城の際、秀吉は庭園用に多くの珍しい形の庭石を探させていました。その中でも秀吉が幼少の頃より寵愛し、家臣団の中でも屈指の猛将であった加藤清正が献上した庭石を殊の外気に入り、この石を清正の幼名に因んで、虎之助の石虎の石虎石と呼んで大切にしていたといいます。

長浜御坊大通寺【滋賀県提供】
長浜別院大通寺【滋賀県提供】

秀吉が長濱の地を治めて30年。時代は目まぐるしく変化を遂げます。秀吉は天下統一を成し遂げますが60歳で逝去。その後天下分け目の戦い、関ケ原合戦を経て徳川家康が天下を取ります。

その間長浜城も例外ではなく、秀吉の後、堀秀政、柴田勝豊、山内一豊、内藤信成、内藤信正と城主が変わり、信正が摂津高槻藩へ移封となったのを最後に廃城となりました。当然虎石の存在が追憶の彼方に消えていくのも、想像に難くありません。

ただ彦根城築城の際に廃城となった長浜城から多くの資材が運び出されましたが、虎石だけは秀吉の寵愛が別格であったため、祟りを恐れて敢えて旧城内に残しておいたそうです。

さて湖北の中心道場であった総坊(そうぼう)を前身とし、徳川家康より浄土真宗の総本山・本願寺からの分立を許された後、旧長浜城内から現在の地へ長浜別院大通寺(ながはまべついんだいつうじ)が移転造営されることとなった時のこと。

東宝に望む伊吹山を借景とすることから名付けられた書院の東庭、含山軒庭園(がんざんけんていえん、国指定名勝の枯山水庭園)が築造されることになり、旧長浜城内から虎石も運び出されました。

大通寺含山軒庭園
大通寺含山軒庭園

するとこの石が大通寺の御連枝(ごれんし/貴人の兄弟を指した敬称)である智明院尼の夢枕に三日三晩立ち、「いのう、いのう(「帰りたい」の方言)」と泣き続けたのだとか。調べてみるとこの石は秀吉が寵愛した虎石であることが判明し、不憫に思った智明院尼は再び旧城内へ戻したのだそうです。

めでたし、めでたし・・・と普通はここでお終いなのですが、どうやらこのお話にはウラがあるようなのです。

長浜の船町に、イソップ寓話『羊飼いと狼』に登場するオオカミ少年ばりのお調子者の男がおりました。街中で怒鳴りながら大ぼらを吹いては、人が騒ぐ姿を見て面白がっていました。

或る時何を血迷ったか、この男大通寺にある虎石をもとの場所に戻そうと思いつきます。このことを周囲の者に話しますが、まともに取り合ってもらえる筈もありません。

すると突然逢う人逢う人に、「虎石が大通寺の御連枝様の夢枕に夜な夜な立っては、もとの地に戻りたいと訴えて御連枝様を大層困らせている」と、如何にも当事者の如く連日触れ回ります。

そのお陰か、この話は町中の噂となり、俄かに移転の検討が持ち上がり、とうとうもとの旧城内(豊國神社)へ戻されることが実現した・・・らしいのです。

果たしてどちらの『伝説』が“真説”なのでしょうか。どちらにせよ『伝説』の時点でウソもマコトも無いのでしょうけどね(笑)。

豊國神社

滋賀県長浜市南呉服町6番地37
【TEL】0749-62-4838

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。