【世界の何だコレ!?ミステリー緊急企画】きぬがさやま夜話外伝“シガイの森”の伝説

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

以前完結しました「きぬがさやま夜話」シリーズですが、最終章の桑實寺(くわのみでら)の記事に関する取材の延長線上で奇妙な情報を入手しました。

またこの話題に関連した内容がフジテレビ『世界の何だコレ!?ミステリー』(2020年2月12日放送)で紹介されました。ただ余り詳しくは紹介されませんでしたので、今回はそのお話を致したいと存じます。

桑實寺(山門)

ここで桑實寺に関する織田信長にまつわるエピソードを、もう一度おさらい致します。

1582(天正9)年4月10日。信長は少数の小姓衆を従えて、琵琶湖の竹生島(ちくぶしま)に参詣します。

安土城に詰める女房衆(にょうぼうしゅう/主君の身の回りの世話をする女性)は、遠路であるから途中の羽柴秀吉の長浜城に宿泊し、今日は帰城しないと考え自由に過ごしておりました。

ある者は城の二の丸に出掛け、ある者は桑實寺の薬師参りに出掛けていました。しかし大方の予想に反し、信長は異例の速さで安土城に戻ります。城内は大騒ぎとなり、この状況に激怒した信長は、怠けていた者を残らず縛り上げさせました。

桑實寺に出掛けていた者たちは信長の罰を恐れて、寺の長老に助けを請いました。長老は「慈悲をもってお助けを」と懇願しますが、かえって信長の逆鱗に触れ、女房衆とそれを擁護した高僧たちを処刑したのです。

以上が『信長公記(しんちょうこうき)』に所載されている桑實寺事件(竹生島事件とも)の概要です。以前の記事でこのお話は桑實寺の当時の寺伝にその出来事の記載がないことから、昨今は“いささか歪曲された内容”ではないかとの意見もあると申し上げました。

その後色々と調べを進めていると、女房衆と高僧たちを処刑したと伝えられる場所が存在するとの情報を得たのです。

近江八幡市安土町常楽寺(じょうらくじ)。県道2号西側に拡がる広大な田園地帯に、極めて不自然な存在感を示す森がポツンと存在します。

新開の森

桑實寺から西に約3km、安土城から南西に約2kmの場所に位置する周囲約240m(敷地面積約3,200㎡)のこの小さな森は、新開の森(しんがいのもり)と地元では呼ばれています。

何故ここだけ残されたかと申しますと、この森の樹木を伐採すると“祟り”があるとの噂があるからなのだと言われています。

一見ただの雑木林ですが、ここから南に約700m先にある今宮天満宮神社(近江八幡市浅小井町)の御旅所(おたびしょ/神社の祭礼において祭神が巡幸の途中で休憩または宿泊地或いは目的地)に指定されています

今宮天満宮神社御旅所

森の南側に参道らしきものは存在しますが、昼間でも薄暗く、お世辞にも整備されているようには見受けられません。

実は先の桑實寺事件での女房衆と高僧たちの処刑がここで断行され、遺骸を埋められたという説があるのです。神域の聖地で俄かに信じ難いことなのですが、それにはこのような裏付けがあるのです。

この森の西側に小さな祠がひっそりと佇んでいます。その祠の傍らには建部紹智(たけべしょうち)・大脇傳助(おおわきでんすけ)殉教碑と書かれた碑があります。

建部紹智・大脇傳助殉教碑

安土城築城から2年後の天正7(1579)年の5月中旬のこと。安土城下で法華宗と浄土宗との間である騒動が勃発しました。当時城下で浄土宗の長老が説法をしていたところ、法華宗の信徒である建部紹智と大脇傳介が議論を吹っ掛け、これが引き金となり両宗派の僧侶が問答合戦を執り行うことになってしまいます。

城下がこの噂で騒然となり、当初信長は事態の収拾を両宗派に命じますが法華宗側が承知せず、遂に全面対決の騒動にまで発展してしまうのです。

町外れにある浄土宗・浄厳院(じょうごんいん)を論議の場とし、信長は審判者と警護の兵を派遣しました。両宗派より各々4名の僧侶が臨席して進められましたが、法華宗側が返答に詰まった時点で浄土宗側の勝利が言い渡されます。

この結果に接し、たちまち法華宗の僧侶や信徒達は逃げ散りましたが、織田信澄らによってことごとく捕えられ、宗論の記録は信長の下へ届けられました。

早速信長は浄厳院へ出向き、両当事者を召し出します。そして浄土宗側に恩賞を与え、騒動の張本人である大脇傳介と、その師であり宗論にも臨席していた妙国寺普伝(みょうこくじふでん)を即刻斬首。またもう1人の騒動の張本人である建部紹智を大坂・堺で捕縛。連行の上これも斬首。法華宗側には今後他宗を誹謗しないとの誓約書を提出させて騒動は終結しました。

これが世にいう安土宗論(あづちしゅうろん/安土問答とも)です。その騒動の起因となった者たちの処刑が、この地で執行されたといいます。このお話も桑實寺事件同様、『信長公記』に所載されている一篇ですので、どこまでが真実でどこまでが虚飾なのかは定かではありません。

いつしかこの森はシガイの森と呼ばれるようになり、現在県内でも有数の心霊スポットと知られています。確かに霊感の全くない小生ですら、周囲の空気に禍々しさを感じました(決して興味本位で訪問しないでください)。

信じるか信じないかは、アナタ次第です!

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。