爽風そよぐ湖畔の茶寮 “Pâtisserie café Cherie”

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

 

今回は約1年半振りに“小生の隠れ家”にご招待したいと存じます。


・・・と申しましても、早々「隠れ家的なお店」なんぞ見つかるものではございません。何時ものことながらリサーチゼロの「たまたま発見」したお店でございます。

 

シェリー外観先日妻と奥石(おいそ)神社に参拝しての、その帰り。

 

湖岸道路に出ようと旧安土町(現・近江八幡市)を縦走中、一瞬視界に飛び込んだ(安土で見覚えのない)1軒の洋風建屋。

 

視界に飛び込んできたからには、気になって仕方がない。

 

思わず愛機プリウスを急速両舷停止、180度回頭、面舵いっぱ~いっ!

 

シェリーネームプレートで、到着・・・「はて、何のお店かな?」

 

夫婦共々、恐る恐る接近・・・

 

駐車場入口にネームプレートあり。

 

フランス語は“チンプンカンプン”ですが、どうやら「カフェ」であることは認識出来たので、立ち寄ってみることにしました。


こちらは滋賀県下最大の内湖・西の湖東岸の湖畔に佇む茶寮、Pâtisserie café Cherie
(パティスリーカフェ・シェリー)。何と東近江市(旧八日市市)で長年“街の洋菓子屋さん”と親しまれてきた「お菓子の家 シェリー」の2号店なのだとか。未だ昨年6月にオープンされたばかりなのです。

 

限定メニューボードハーブたちに包まれた玄関の軒先には、「自家製無農薬レモンのレモネード」が数量限定(@_@)

 

兎角レモンテイストに眼がない小生は、喉の渇きも相俟って、興味津々で入店!

 

もう1つのメッセージボードには「日替サンドイッチ」の文字が・・・


これまたサンドイッチ好きの小生。
こちらも捨て難い気持ちでいっばいだったのですが、ランチを済ませた直後でしたので、「次回の課題」ということに((+_+))

 

初めて訪問のお店で、余り欲張ってはいけません(>_<)

 

ショーケース小さなショーケースには、実に華やかで可愛らしいケーキで溢れています。

 

現時点でケーキに関しては毎朝本店から供給されているそうです。

 

でも立派な厨房を備えておられるますし、また店長さんは並々ならぬこだわりをお持ちの方。

 

こちらオリジナルのケーキたちが並ぶのも、そう遠くないかも知れません。


ウッドデッキからの眺望湖畔に立地しているということも去ることながら、上下階共にオープンデッキを備えた開放的な空間レイアウトがこのお店の特徴。

 

「風の家」と呼称するに相応しい雰囲気を醸し出しています。

 

左の写真は1階のテラス席。天候が良ければ抜群の眺望です。

 

店長さんに我儘言って、2階も拝見致しました。


セカンドフロア1階とはまた異った趣。とても落ち着いた雰囲気の空間です。

 

こんなところで時間を過ごせたら、何時間でも読書に没頭出来そう。

 

お店にとっては甚だ迷惑なお客ですがね・・・(>_<)

 

さて雰囲気の良いお店というのは確認しました。さて次は肝心の「お味」です。


泣く泣くサンドイッチを断念した小生は、「お茶」することに致しました。

 

レモネード&りんごの木勿論オーダーしたのは自家製無農薬レモンのレモネード

 

お供のお菓子はりんごの木という名のパイケーキをチョイスしました。

 

独断と偏見ではありますが、「和食は出汁、洋食は卵、お菓子はリンゴの扱いに長けた料理人は間違いない!」と考える小生。

 

まずはレモネード。優しい酸味と仄かな甘みがベストマッチ。後味もすっきりで、暑気払いの飲み物としては最適!

 

続いてりんごの木。こちらも甘さ控えめで、しっとりとした果肉と生地のハーモニーが絶妙です!

 

焼菓子・自家製無農薬ジャムコーナーお味も間違いないお店です。

 

カフェのメニュー内容や組み合わせ、価格設定は未だ発展途上の感がありますが、今後に期待大です(^^♪

 

他にも焼菓子や無農薬ジャムなどを提供されているのですが、最後に小生のイチオシをご紹介します。


少しページを戻っていただいて、写真のケーキプレート上をご覧ください。花の形をした「何やら」を確認出来るかと存じます。

 

特製メレンゲコレ、メレンゲなんです。

 

実は小生、「大のメレンゲ嫌い」。理由は卵白の臭いとコリコリとした食感。

 

でもコチラのメレンゲは“眼から鱗”!

 

最初は固く感じるのに、口に含んだ途端溶けてしまうのです。卵白感は全く無く、まるで綿菓子を食べているような感覚なのです。

 

店長さん曰く、「私もメレンゲが苦手で、改良を重ねたらこんな感じに仕上がりました」とのこと。店長さん、なかなか侮れません。

 

店頭でも120円で販売されており、お土産にも最適。小生も思わず買い求めました。おススメでございます)^o^(

 

帰り際、「テラスから眺める西の湖の夕陽はとても綺麗ですよ」と教えて戴きました。今度は天候の良い夕暮れ時に訪問しようと思います。これからは行楽に最適の季節。行程の途中に組み込んでみてはいかがですか?

 

Pâtisserie cafe Cherie

・滋賀県近江八幡市安土町下豊浦5017-1
【TEL】  0748-25-0305 (※八日市本店)
【休業日】   不定休
【営業時間】 10:00~19:00 (※ラストオーダー18:30)
【facebook】 お菓子の家 cherie

 

アーカイブスサイト後藤奇壹の湖國浪漫風土記・淡海鏡も是非ご覧ください! 

 

◎「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。