高野山巡礼紀行(6)“高野山ふしぎ発見”(前篇)

「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」に、ようこそおいでくださいました<(_ _)>

 

 

今回は“高野山巡礼紀行”の締め括りと致しまして、高野山で発見しましたアレコレを2回に分けましてお届け致したいと存じます。

 

 

観光に付き物はやっぱり“お土産”。限られた時間の中で色々と巡ってみたものの、「コレ!」というものには出逢えず・・・「土産モンに美味いものなし」という言葉は、どうやら迷信ではなさそうです(>_<)

 

 

そこでお土産の既成概念に囚われず、「高野山に因んだ高野山ならでは」のアイテムを厳選してご紹介しようと思います。

 

 

大師陀羅尼錠看板(高野山駅)まずはコチラ、高野山駅で見掛けたこの看板。

 

 

大師陀羅尼錠(だいしだらにじょう)と書かれてあります。

 

 

「恐らく高野山由来の伝承薬に違いない」と興味深くその看板を眺めておりますと、母がすかさず「それは“ダラスケ”やわ」と申しました。“ダラスケ”とは何ぞや?

 

 

大師陀羅尼錠とは、空海が高野山を開いた約1200年前より伝承される胃腸薬のこと。ちなみに“ダラスケ”とは陀羅尼助(だらにすけ)が訛ったもので、陀羅尼(お経)を唱えているときに眠気防止のために僧侶が口に含んだ苦味薬を指します。

 

 

また陀羅尼助は和薬の元祖ともいわれ、伝承によると約1300年前に疫病が大流行した際、役行者(役小角/えんのおづぬ)がこの薬を作り、多くの人を助けたとも言われています。陀羅尼助は当時万能薬として修験者たちが全国に持ち歩き、庶民救済の一助に役立ったのだそうです。

 

 

大師陀羅尼錠自然界に育った草根木皮の植物性生薬(黄柏・竜旦・青木)からエキスを抽出し、古来からの製法のまま製造しているとのこと。同様の伝承薬は、奈良県の吉野山・大峰山、長野県の御嶽山、愛媛県の石鎚山、鳥取県の大山などで現在でも製造されています。

 

 

なお大師陀羅尼錠の他に、大師陀羅尼助(だいしだらにすけ)というものもあります。お店の方に訪ねましたら、大師陀羅尼錠は止瀉薬(腹下し・腹痛の薬)なのに対し、大師陀羅尼助は健胃薬(胃の調子を整える薬)の性格が強いのだそうです。

 

 

お腹の弱い妻に大師陀羅尼錠を買い求めました。味は予想通り“苦い”のですが、那智黒飴(和歌山の特産菓子)に似た甘い香りのするのが特徴です。価格も大変リーズナブルですから、一家におひとつ如何ですか?

 

 

こうやまき販売所次はこちら、こうやまき販売所

 

 

高野山に於いて霊木とされる高野槙は、各所でこのように販売される光景を多々見掛けます。

 

 

高野槙は世界三大造園木の1つで、庭園に植栽し、材木としても利用されています。古代には棺材として最上級とされ、弥生時代や古墳時代には木棺として用いられていたことが確認されています。水に強くて朽ちにくいことから、現在でも湯船材や橋梁材として重宝されています。

 

 

名称は高野山真言宗の総本山である高野山に多く自生していることに由来しますが、空海が高野槙の枝葉を供花の代りに御仏前(仏壇・墓前)に供えたことから、高野槙の枝葉を御仏前に供えるのが古くからの風習となっています。

 

 

ではなぜ供花の代りに高野槙を供えたのか?

 

 

高野槙昔、高野山は信仰生活において禁忌十則という戒律があり、更にその中で「禁植有利竹木」という規則がありました。つまり果実の生る木、観賞するための花が咲く木、竹、漆などを高野山の御山に植えることを禁じていたのです。

 

 

そこで御仏前に供える花の代りが必要となり、花より丈夫で枯れにくく、一年中美しい光沢ある緑色の葉を付け、心地よい香りを漂わせ、なお且つ昔から高野山に多数自生している高野槙の枝に白羽の矢が当たったのです。

 

 

現在でも高野山では古くから伝わる風習で、法事・仏事・お盆・お彼岸・正月・墓参などの際には、高野槙は欠かせないものとなっています。

 

 

ただ真言宗のお坊さん曰く、この風習も江戸時代後期からのもので、高野槙の持つ生命力と空海の神通力をコラボレーションさせたとの説もあり、「弘法大師所縁の霊木」と呼ぶには些か無理があるようです。

 

 

でも「高野山由来の縁起物」であることには間違いありませんから、霊験にあやかってお求めになられては如何でしょうか?ちなみに我が家には樹齢30年以上の高野槙が数本、逞しく植生しております(^_^)v

 

 

(次回「高野山ふしぎ発見」後篇に続く・・・)

 

 

◎「後藤奇壹の湖國浪漫風土記」ブログ全表示はこちら!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
ご愛読いただき誠に有難うございます。ワンクリック応援にご協力をお願いいたします!